転勤制度と日本の雇用

育休明けの男性社員に転勤が命じられた某化学メーカーの件で、日本の転勤制度に注目が集まっています。
共働き世帯が50%を超えた現代、辞令一枚での転勤のシステムが専業主婦前提の制度であることは間違い無いと思います。

同時に企業は原則無期雇用(解雇不可能)なので、不当解雇ならば会社は殆ど敗訴します。
そのため企業には「人員を最小限に抑えて転勤と残業で雇用維持を努力する」のがインセンティブとなります。

なぜどこもそれを崩せないかというと、ゲーム理論で言う「囚人のジレンマ」に入っているからです。

Read more転勤制度と日本の雇用

カテゴリー blog